交通事故 軽い怪我だと思って病院にいかないなんて大間違いです

 交通事故に見舞われたとしてもドライバーや同乗者は無傷というケースは多いです。ただし特に怪我や痛みなどがないからといってそのままにしておくのは危険です。
 事故による衝撃というのは意外と大きく自身でも気付かないところにダメージを負っていることがあります。中でも多いのは首へのダメージであり、衝撃によって首に負担がかかることで後からむちうちの症状が出てしまうことがあるのです。人にもよりますが、事故の翌日あるいは1週間程度の期間が経ってから症状が出ることもあります。事故の直後や当日ですと緊張しているところもありますので痛みを感じないことがあり、ところが時間が経つと徐々に首の痛みや吐き気、頭痛、痺れなどを感じるようになることが非常に多いです。そのようなリスクがあるにもかかわらず放置しておくのは危険があると言えますから、事故後に油断をしてはいけないということをよく覚えておいた方が良いでしょう。

事故にあったら病院に行って医師に診てもらい患部のエックス線画像を撮影しておいてもらいましょう。

 もし事故に遭った時にやるべきこととしては、まず当事者同士で解決をせずに警察を呼ぶことが大切です。そして保険会社への連絡やお互いの連絡先の交換、相手の車のナンバーの控えを取るなどもやった方が良いでしょう。加えて行う必要があるのが病院へ行くことであり診断書も出してもらうようにします。もし痛みが出るようなら物損事故から人身事故へと切り替えてもらう必要がありますが、その際には早めに警察へ行くようにしないと事故との因果関係を証明しにくくなる恐れがありますので注意が必要です。なお、何らかの症状があり治療を受けることになった場合は相手の自賠責保険を用いることができます。自費での負担はないため治療に関する費用を心配する必要はありません。