健康保険と労災保険-交通事故で労災保険は使えるのか-

労災と交通事故

交通事故に遭遇してしまった場合、被害者であった場合は、
労災保険に加入をしていると慰謝料を加害者にも請求できます。
労災保険に加入していても慰謝料の請求が出来るのかと悩む方も多いですが、
問題無く使う事が可能です。
これなら労災保険に加入さえしていれば、いざ事故に合ってしまった時にも備えておく事が出来ます。
交通事故はどれだけ細心の注意を払っていても、
相手の方次第で簡単に起こってしまうトラブルなので、
確実に避ける手段は無いと言えます。
労災保険はとても便利ですが、加入をする際には細かい点の比較をしておいた方がお得です。

保険はお金が大きく関わるサービスなので、
利用方法によってはかなり損をする可能性もあります。
逆に上手く活用できればとてもお得なサービスなので、
先に内容の比較をしておきましょう。
希望する条件に合った保険を選ぶ事が出来れば、その分だけ得をする事が出来ます。
しかし、だからと言って内容が充実している物程良いという訳では無く、
内容が充実しているような保険は価格が高い場合が多いです。
どれだけ内容が充実していても必要が無い要素が含まれているような労災保険だと、
高い料金を支払って加入していてもあまり意味が無いので、
必要最低限の要素が含まれている内容の労災保険に加入をするようにして、
なるべく損無く、様々なトラブルに備えて置くようにしましょう。
インターネット等で簡単に比較する事が出来るようになっています。


-Blog-福岡での野球とオススメの福岡の弁護士

 ヤフオクドーム(福岡県福岡市中央区地行浜2丁目2−2)での野球観戦が楽しい季節となりました。ビール片手にリユース!スタンド、ホークスBB ザ・ステーション、ホークスモバイルステーションなどの前を通るとテンションがどうしても上がってしまいます。
ヤフオクドームにはキッズルームFAY ヤフオクドーム店があって子供がいても預けられるのが良いですね。
たまに大切な人と野球観戦というのもなかなかですよね。
楽しい話題ばかりでもなく、毎日色々な事件も起きています。

 ところで、交通事故は、自分が加害者になっても被害者になっても嫌なものです。日頃から外出時などは気をつけていても、いつどこで事故に巻き込まれるかわかったものではありません。大人であっても、そのように事故に遭遇する可能性もありますが、子供の場合には、親がきちんと子供が外出している時にできるだけそばにいて事故にまきこまれないように気をつける必要もあるでしょう。また、日頃から、信号をきちんと守ることや、車やバイク、自転車などにも注意をすることなどを子供に言い聞かせることも大切です。

 ですが、子供の場合には、学校などに通う通学路などで交通事故に巻き込まれる可能性もあります。いつも、同じ道を通るということは、子供も慣れている道です。また、友人達と会話したり、ちょっとふざけながら帰宅するため、通学路などを歩いていると、周囲に対しての注意が散漫になることもあります。そのため、ちょっとした油断から交通事故につながることも考えられるでしょう。

 通学路などにおいても、周囲に関して注意をしておくように、子供にはよく言い聞かせておくようにしましょう。ちょっとした油断から、事故につながる可能性もあり、また、子供の場合には、物事に集中してしまうと、周囲への注意ができず、その結果事故につながることもあります。子供の場合には、体などもまだしっかりと成長しておらず、とっさの時の回避などをすることもなかなか難しいものです。外出時には親が一緒に行動できる場合などは、親が子供が危ない行動をとらないように気をつけること、そして、子供が一人で外出する場合には、きちんと周囲の安全を確認することを忘れないように、あせらず、行動することをきちんとおしえこみましょう。

 交通事故で怪我をした時には、すぐに症状が現れず、時間が経過してから症状が現れることがあります。これを交通事故の後遺障害といい、代表的な後遺障害には、高次脳機能障害や脊柱の障害、体幹骨の障害などがあります。

 後遺障害のうち高次脳機能障害に該当するものには記憶障害や注意障害、遂行機能障害などがあり、重い症状の場合は、日常生活にも支障をきたします。記憶障害は交通事故に遭った時の記憶が無くなったり、人の名前を覚えることができなくなるなどの症状が出ます。注意障害は気が散りやすくなったり、長時間にわたって集中することができなくなり、ケアレスミスが多くなるなどの症状が該当します。遂行機能障害は論理的に考えることができなくなる症状で、症状が重くなると簡単な足し算や引き算などができなくなります。

 高次脳機能障害は交通事故に遭った時に頭を強打したことが原因になるため、交通事故で頭を強打した時には、頭が痛くなくても速やかに脳神経外科などの病院に通院することが必要です。早急に治療を行うことによって、後遺障害になるのを防ぐことができます。
脊柱の障害や体幹骨の障害は、交通事故で脊髄や体幹骨を強打したことが原因の後遺障害です。脊柱の障害は変形障害と運動障害、荷重障害があり、いずれの障害も後遺障害に該当します。脊髄には数多くの神経が通っており、交通事故で脊髄を損傷すると、半身不随になったり歩けなくなったりするので、すぐに病院に行って治療を受けることが必要です。

骨折による後遺障害が残った場合は賠償額が大きくなる場合が多いです

 体幹骨の障害は、鎖骨や胸骨、肋骨や肩甲骨などの体幹骨が損傷する後遺障害です。体幹骨の障害には変形障害があり、体幹骨に著しい変形が残った場合は後遺障害として認定されます。交通事故弁護士福岡のような交通事故に強く医学的な知識の研鑽もしている弁護士であればこのような障害に関する法律相談も可能ですのでもし交通事故被害にあってしまったら相談してみるのが良いと思います。